So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
グルメ・クッキング ブログトップ
前の30件 | -

桜庭サロン「春惜しむ」俳句とお菓子 [グルメ・クッキング]

21日(日)の桜庭サロン「春を惜しむ」の準備に忙しい毎日です。
今回は作家の下重暁子先生が江戸時代の松尾芭蕉から始まる俳句の流れを現代まで楽しいトークで紹介して下さいます。私のクラヴィコードはバッハから始まってロマン派まで演奏しますが、特に曲目のプログラムや紹介をせずに、トークの間の一休みとして聴いて頂こうと思います。

108人の俳人たちの句を集めた本、私は女性の俳人たちに特に興味を持ちました。
女性の句は色艶があって、ドキッとさせられます。
切ない恋心が情感込めて歌われる句が多数。

現代俳人には金子兜太さん、長谷川櫂さんの他に永六輔さん、岸田今日子さん、和田誠さんの句も紹介されて、これがとても楽しい。
この一句.jpg

さて、裏方のお話。
今週は毎日、お菓子作りに精を出しています。
クラヴィコードの練習の合間にクッキングが良い気分転換で、1週間前から作り始めました。
といっても一人ではとても間に合わないので、友人が毎日手伝ってくれてありがたい思い。

当日のティータイムには何種類かのお菓子が揃うと思いますが、今日作ったのは和菓子の練り切り。
1番、時間がかかるお菓子です。
白あんを練って程よい堅さになったら型に入れて抜きます。
白だけの他に、紫芋味、抹茶味、黄身餡味を作って、飾りに黄身しぐれや金箔を乗せてみました。
素人ながら、花型が揃いました。いかがでしょう?
あんこと格闘しながら遅くまで和菓子作りを手伝ってくれた友人に心から感謝。ありがとう。
練り切り菓子.jpg


nice!(1) 
共通テーマ:音楽

七草とイデアのエコファイル [グルメ・クッキング]

今年は日本の四季や伝統を大切に、新しい生活をしたいと考えています。
昨年までの自分を一度リセットして、新たな年にするためにも、、。

元旦にお雑煮とおせち料理をいただき、2日に書き初めをし、駿河の殿様にあやかって初夢を見て、そして今日7日は七草がゆをいただく日。
七草のおかゆを食べると1年病気から守られると言われますが、青菜と根菜をいただき胃腸を休める効果があります。

七草とエコファイル.jpg
香川県小豆島から運ばれてきた七草。
塗盆の上にエコファイルを敷いて7種の若菜を並べてみました。
ハコベラは庭に1年中出てくるので、良くおかゆに入れていただきますが、ゴギョウやホトケノザは珍しい。
茹でるとあっという間にシナっとして小さくなってしまうので、瑞々しいうちに飾ります。

お盆の上に敷いた「エコファイル」というのは、紙で出来ているエコロジーなファイル。
高度な印刷技術でプリントされた紙製のファイルでもちろん中に紙やメモを入れる事ができますが、私は美しさに注目して使っています。
自分の好みの柄をプリント注文する事も出来、女性にも人気が出そうです。

イデア

http://ameblo.jp/tokyo-y/entry-11176978553.html

 

今年は七草とエコファイルをコラボレーションしてみました。






nice!(0) 
共通テーマ:音楽

クリスマスの夕食会 [グルメ・クッキング]

毎年恒例のファミリークリスマスの夕食会。
家族でキッチンに立っておしゃべりしながらクッキングする楽しいひと時です。
大きなチキンは数時間オーブンの中で焼き続け、家中がチキンの香ばしいにおいに、、。

今年はクランベリーを使ったレシピが増えたので、アペリティフからクリスマスクランベリーのヴィネガードリンクでスタート。
オードブルは三田屋のハムやブルーチーズ掛け芽キャベツなど、3種類のソースを添えて。
オードブル.jpg

スープはブロッコリーをコトコト煮て、下味に玉ネギ、セロリ、ガーリックを加えたクリームスープ。
メインはジャスミンライスをスタッフィングしたインディアンチキン丸焼きと付け合わせ野菜数種。

デザートはラ・フランスのワイン煮とクランベリー&アップルケーキ。
アップルケーキ1.jpg

クランベリーケーキは料理好きの友人へプレゼント用にいくつか焼きました。
クグロフ小型を6個一度にオーブンで焼きます。
クグロフXmasケーキ.jpg

小型に焼いた方がしっとりとして味は上等。

全てのお料理に今年はナツメグをすり下ろして入れてみました。
クリスマスプレゼントにいただいた小さなすり下ろし金とナツメグの実が大活躍です。
ナツメグ.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

横浜の山手洋館にて [グルメ・クッキング]

フードコーディネーターの友人と年に1度のお疲れさま会。
今までにサロンコンサートの企画を何度も支えて手伝ってくれた友人。
いつもヘルシーな創作料理のレシピを考え出して、横浜の洋館などでクッキングレッスンをしている彼女。

クリスマスのギフトにいただいたのは全粒粉の手作りパンとリンゴとクルミのカップケーキ。
パンのクープの切れ込みがキレイなこと!
パンもケーキも味はもちろんのこと、材料にこだわったヘルシー志向でした。
来年も沢山のレシピ、教えて下さいね。
Junパン2.jpg

横浜洋館のクリスマスはクロアチア国の飾りが素朴で温かく、印象的でした。
クロアチアXmas1.jpg





nice!(0) 
共通テーマ:音楽

イタリアの野菜 [グルメ・クッキング]

青森から送られて来た新鮮野菜。
オリーブオイルでパスタに入れて食べる黒キャベツ、大きなラッパ型のトランペットズッキーニ(私は巨大なトランペットの一部分を購入)、そしてレッドキャベツ。
黒キャベツは茎がちょっと堅めで、しっかり茹でた方が美味。
トランペットズッキーニはズッキーニブレッドを焼いて味わいましたが、結果は緑のズッキーニの方がはるかに美味しい。
レッドキャベツはピクルスに。ピンク色のピクルス液と歯ごたえのあるキャベツピクルスが出来て、大成功でした。
3種野菜.jpg

ハロウィンのカボチャのようなズッキーニは、ピクルスに。

ズッキーニ 小.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

高原の美味しい食事 [グルメ・クッキング]

夏に出会った高原の夏の味覚。

夏の冷製スープで美味しかったのは新種のとうもろこし・サニーショコラのクリームスープ。もろこしは生でも甘く美味しい。
ガレットの器に入った高原野菜と共にいただきます。
もろこしスープ.JPG

朝食にいただいたシカゴ風サーモンオムレツはそのボリュームにびっくり。
朝から大きな卵料理を食べて、1日をスタートするのですね。
卵はフワフワのスフレに焼き上げてあって、時間が経ても膨らんだままで感心。
よく泡立てて作るそうです。
サーモンオムレツ.JPG



nice!(0) 
共通テーマ:音楽

野菜市場のカプリス [グルメ・クッキング]

新鮮野菜市場で珍しいナスを見つけました。
イタリアの「カプリス」。
ムラサキと白の縞模様が入いり、米ナスのような大きさ。

農家の方が、
「調理すると皮が茶色くなってしまって残念。このままの色を出すにはどうしたらいいかしらね。」
と料理方法を研究中だとか。

私も調理方法を試してみましたが、すっぽりラップで覆って電子レンジで5分、かろうじて皮の模様と色が残りました。
味も米ナスに似ていますが、柔らかくとろけるような食感でした。
淡白な味で、我が家で育てている越後の「白ナス」と似ています。

オブジェとして飾って置きたくなるお洒落なナスです。
カプリス.JPG




nice!(0) 
共通テーマ:音楽

暑気払いの食事 [グルメ・クッキング]

暑気払いの会

今年の夏の暑さに食傷気味の毎日。
学生時代の友人らが集まり、手作り一品を持ち寄ってポットラック。

鎌倉や茨城県からも来てくれた友人達、夏の食材を使っておいしい夕食会になりました。
紫蘇ジュースを炭酸で割り乾杯し、野菜たっぷりのお惣菜でヘルシーディナー。
夕食会2012.jpg
庭で採れたプチトマトやバジル、ローズマリー、ローレルを添えて。

遠くから運んできてくれた炊き込みおこわやラタトーユ、格別の味でした!
夕食会2.JPG


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

バースニップのパン [グルメ・クッキング]

朝の野菜市場でバースニップを初めて見つけて購入。
友人であるロンドン在住のフードライターYasukoさんのブログで「バースニップブレッド」が紹介されていて、日本で手に入らない野菜で残念に思っていました。
そのバースニップを朝市で見つけて小躍り。

バースニップは白ニンジンとも言われ、甘みがあり食感はニンジンの様。
バースニップ.JPG

バースニップを丸ごと生で摩り下ろし、卵、チーズ、ハーブと混ぜて生地を作ります。
イースト菌は入れないので発酵時間はゼロ、すぐにオーブンへ。
ラグビーボール型のバースニップブレッドが焼きあがります。
ブレッド丸.JPG

卵はコレステロールの少ないウズラの卵を使うので、パンの断面の色は淡いイエロー。
バター、お砂糖、塩も入れません。
ほんのり甘いのはバースニップの天然の甘みで、スープと一緒にいただくと素晴らしいコンビネーションです。
ブレッド半.JPG

バースニップブレッドのレシピは「ロンドンの厨」Yasukoさんのブログをご覧下さい。
HP http://www.yasukofukuoka.co.uk/index.html
ロンドンの厨 http://blog.goo.ne.jp/yasuko_london/


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

メバルのアクアパッツァ [グルメ・クッキング]

釣り上げたばかりの新鮮なメバルが届く。
今が旬のメバルは脂肪分が少なく、さっぱりとしたお魚。
煮魚にするのが一番ポピュラーな食べ方ですが、減塩中なので、ちょっと趣向を変えてアクアパッツァに。

料理に使う主役は洋ナシのお酒。香りと味を優しくします。
洋ナシのお酒.jpg

大きなメバルにパプリカとガーリック、ローズマリーを添えて下ごしらえ。
洋ナシのお酒をたっぷり振りかけます。
(アルコールは焼いている間にすっかり飛んでしまいますが!)
メバル1.jpg

銅のお鍋で焼くと、ジューシーでこんがりと焼き上げりました。
仕上げにピンクペッパーを散らして出来上がり。
メバル料理.JPG

いつもとは違うメバルの一品。
クックパッドからアイディアをいただき、さらに工夫したレシピです。
http://cookpad.com/


 


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

上海のB級グルメ Changhai [グルメ・クッキング]

上海旅のお供はJALに勤務していた友人。
ホテルの食事は飽きたと、連れて行かれたのは上海の庶民の台所。
これが予想外に美味しい!

鴨肉の入った春雨麺スープ
薄味で良いダシ汁と香草が効いています。
日本のラーメン屋さんのようなお店で、こういう所ではワイワイお喋りしながら食べます。
私達も合席した中国人のカップルとずっとお喋りしながら食べました。
春雨鴨麺.JPG

秋から冬にかけて上海蟹が有名というけれど、、、
これは本物?
わかりませんが、小さな蟹はピリ辛でした。
蟹.JPG

中国は穀類、とくに雑穀の種類がとても豊富。
日本では健康志向になってからアワ、キビなどが売られていますが、中国はその数知れず。
クコの実やナツメ、黒米、あずきも入り、10種類ほど雑穀の入ったお米を炊くとこんな色に。
小豆粥.JPG


フランス系スーパーマーケットがホテルの近くにあり、外国人用に食品を揃えていました。
かわいいと思って買った中華まんのコブタ。
が、顔がかわいいのはこの一つだけで、あとはとんでもない顔、目が一つや鼻がお尻についていたり、、、製品規格基準はまだまだ。
子豚まん.JPG

日本のコンビニが街角で目立ちます。
商品は現地の物も多く、美味しかったのはファミリーマートのもち米入りシュウマイや亀のゼリー。
お勧めです。
ファミマ.JPG

正統派フルコースの食事もいただいたのですが、ちょっと珍しかったので、あえてB級グルメの紹介でした。


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

ライ麦パン [グルメ・クッキング]

台風の嵐の中に届いた宅配便がひとつ。
配達の方、大雨の中ご苦労さまでした。

秋になるといつも手作りの食品やアロマをプレゼントしてくれる友人からのギフト。
お料理の先生をしている友人から今回もため息が出るような成型のパンが届きました
ライ麦と黒糖を使って、仕上げに米粉をダスティング(粉をまぶす)した彼女オリジナルのパン。

先週私が焼いたアイルランドのパンは、写真でもご覧いただいたように、ダスティングにカラス麦を使っていますが、友人のパンは米粉を使った繊細な仕上がり。
パンの味はもちろん、数段上級クラスの美味しさでした。
junパン.JPG

コンサート活動は、今年と来年の演奏のお話をいただいて、現在進行中です。
近いうちにお知らせできればと思います。


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

アイリッシュ・ブレッド [グルメ・クッキング]

休日の朝にアイリッシュブレッドを焼く。

長野の友人宅に滞在している折に本棚を見ると世界各国の料理本が数十冊。
家主はプロの料理人なので料理本が多いのですが、珍しい地域の料理も研究しているようで、興味をそそられる本棚でした。
その中に、アイルランド料理の本があり、伝統的なアイリッシュブレッドの作り方が載っていたので、メモしておいたのです。

アイリッシュブレッドは発酵時間は無し、バターも砂糖も使わずに、粉を混ぜて焼くだけ。
噛めば噛むほど味わいがあるパン、健康志向の人には打ってつけです。
パン屋さんで売っているパンの材料を知った時、バターや砂糖の多さにびっくりします。
それで、パンは自分で焼きたいと思うようになったのです。

材料は全粒粉、強力粉、オートミール、重曹、ヨーグルト。
本来は「バターミルク」と呼ばれるアイルランド人が使う食材があるのですが、手に入らないので、ヨーグルトを薄めて代用します。

粉を混ぜてヨーグルトを注ぎ、丸めるだけ。
30分で出来上がり。

フワフワした甘いパンが好きな人には向きませんが、私のように田舎風ボソボソ、ポロポロしたパンが好きな人にはお勧め。見た目はパン屋さんにも負けない出来栄え!味はヨーグルトの酸味は無く、全粒粉のしっかりした味。ダスティング(粉をまぶす)はカラス麦粉を使いました。

クリームチーズとルバーブジャム、ビーツの酢漬けとバジルなどを添えていただく。
これからアイリッシュブレッドのヴァリエーションを考えて、ナッツやレーズンなど入れてみたいと思います。

週末は伴奏の仕事とクラヴィコードの調整。
最近の高温多湿で、鍵盤が重くなって、、、かわいそうです。

アイルランドパン.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

高原の朝食 [グルメ・クッキング]

ブラジル風カフェ「Natural cafeina」
ハンモックが窓辺で揺れて涼しげです。
ブラジル料理1.JPG

ブラジリアンのアサイーボウル。
ブラジル産の果物アサイーをソースにして、高原の果物などをのせ、最後にナッツをかけていただく。
甘さと見た目のフレッシュ感が人気のプレート。
ブラジル2.JPG
ブラジル人のオーナーにうかがったところ、夏負け予防にアサイーが良く、ブラジルでは良く食べるそう。アサイー自体には甘さやクセは無いのですが、合わせる物によってぐっと味が引き立ちます。

木陰のNYスタイルカフェ 「キャボット・コーヴ」
パンケーキが人気で、バナナとピーカンナッツをいただきました。
サイドにはソーセージの焼きパテ。
NY朝食.JPG


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

暑気払いのポットラック・ディナー [グルメ・クッキング]

週末に暑気払いのポットラック食事会。
9人が持ち寄った手作り料理で食卓を囲みます。

私は習ったばかりのお酢料理を中心に作りました。
ポークヒレ肉のノルマンディ風
ひよこ豆、レンズ豆、黒豆、枝豆のピクルス
ズッキーニのピクルス
大根のピクルス
ししゃもの酢漬け(ドライトマトと玉ねぎ添え)
クーブイリチー(沖縄の祝い料理)

皆さんが持参したお料理は
ごぼうと玄米のスープ
ニンジンとクランベリーサラダ
タコのマリネ
鶏手羽肉カレー味
ポテト・ガーリック&ローズマリー
梅ゼリー
トフィーチョコレート菓子
チョコレート入り水羊羹

美味しい食事と楽しい会話が一番の元気の元、疲労回復の即効薬。
暑気払い.JPG


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

ヤングコーン [グルメ・クッキング]

とうもろこしの季節。
一つのもろこしを大きく育てるために、農家では芽かきをして、小さなとうもろこしを取り除きます。
お土産にいただいた芽かきコーン、このヤングコーンの美味しいこと!

缶詰でしかお目にかかったことが無かったヤングコーン、採りたては甘みがあり芯まで食べられます。
てんぷら粉をつけて揚げると、一番美味しいと勧められ、早速晩のおかずに。
月桂樹の葉のてんぷらも付け合せたかったのですが、若葉が終わってしまい時期遅し。
今回は葉を添えて飾りに。
ヤングコーン.JPG


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

ハーブ入りチーズパン food writer Yasuko in London [グルメ・クッキング]

友人のyasukoさん(ロンドン在住のフードライター)のブログにハーブ入りチーズパンが紹介されていました。その写真があまりに美味しそうなので、早速レシピに挑戦。

イーストを使わずに混ぜるだけ、という簡単な作り方で失敗がないとか。
好きな根菜野菜とチーズを入れてハーブで香り付けするだけ。
残り物があれば、なんでもよいのです。
私は余ったバジルの葉とジャガイモにローズマリーを飾りに乗せて焼いてみました。
出来上がったのは、、、
ハーブパン.JPG

チーズがカリカリになり、本当に美味しいパン。
イギリスでは野菜バースニップを使って焼いたと書いてありましたが、どんな野菜でも応用ができそうです。
yasukoさんのブログにとても丁寧な作り方が載っていますので、どうぞご覧ください。

いつもイギリス情報、フード情報を発信しているyasukoさん、最近は東京で開催されたエコクッキングのイベントに海外から参加されていました。
詳しくはyasukoさんのブログ「ロンドンの厨」へ。
http://blog.goo.ne.jp/yasuko_london/


 


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

うさぎのお饅頭 [グルメ・クッキング]

手作りのうさぎ薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)をいただきました。
和菓子屋さんに売っている品よりも山芋の味がして、白餡の甘さもとてもよいあんばい。
うさぎの顔は100円ショップで売っている金串を熱して焼きごてにしたとか。
おみごと!
兎年にちなんで用意したお懐紙にうさぎ饅頭を並べて。
うさぎ饅頭.JPG


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

新年会の根菜料理 [グルメ・クッキング]

1月29日 新年会で二期倶楽部へ。

那須に農場を持つ二期倶楽部は新鮮な野菜料理が美味しくいただけるお店。
夕方に届いたばかりの高原野菜が調理されます。

籠に盛られた野菜は
紅芯大根  紅軸ほうれん草  日野菜かぶ(滋賀の伝統野菜) あやめ雪かぶ 
トレビス(イタリア原産)  ロメインレタス  安納芋
紅色の野菜は食卓を彩ります。 
野菜_018.JPG

産直の魚、銚子の鰆と熊本の巻き海老は海塩を添えて。
オードブル_018.JPG

ムラサキ芋のご飯はデルフト焼の白磁を応用した陶器に盛られて。
ごはん_018.JPG

1年に1度でもちょっと贅沢なヘルシーお膳でした。


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

シュトーレン [グルメ・クッキング]

クリスマスにリーベのシュトーレンをいただきました。
「りーべ」は高輪台にあるドイツパン屋さん。
オーストリアやドイツから来日する演奏家達が、お国のようなパンを食べたい、、、と言う希望を聞いて日本人の方
が始めたパン屋さんです。
朝お店を開いて売り切れれば閉店になるので、お昼過ぎにお店がしまっていることがあるかもしれません。

オランダでもクリスマスにはシュトーレンを食べます。
その食べ方というのが、甘いシュトーレンにさらにバターをこってりと塗って食べるので、とても濃厚な味。寒い冬に体を温めるにはちょうど良いお菓子なのかもしれません。

今年は本場のシュトーレンでクリスマスを祝います。
中にマジパンが入っていて木の実がぎっしりの懐かしい味。
熱いコーヒーと共に。
シュトーレン.JPG


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

抹茶と洋菓子 [グルメ・クッキング]

隣人のニュージーランドの方から手作りチョコをいただきました。

紅茶やコーヒーと一緒でもよいのですが、きょうは抹茶と共にティータイム。
抹茶はビタミンが凝縮されていて、野菜不足のときに役立ちます。
お膳に抹茶とチョコ菓子。
NZ菓子.JPG

ホームメイドのチョコ菓子はナッツ、ドライフルーツ、クランチが入りブランデーで香りが良く、ココナッツがまぶしてあります。甘さは控えめながら抹茶と良く合います。
作法など気にせずに、略式のお抹茶を時々楽しみます。


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

夏・茶房の味わい [グルメ・クッキング]

週末(金)に生徒さんと共に美味しい茶房へ。
木立の中にひっそりとある茶房はたどり着くのが大変で、あったはずの道は草が生い茂りジャングル化して通行不能。しかたなく農道を迷いながら入り込んでいくと、やっと茶房の入り口へ。
こんな店ですが料理に定評があり隠れ家のようでいつも満席なのです。

広く開かれた窓から森を眺めながらの暑気払い、しばし食事をしながら涼みます。
新しい食材との出会い、赤いオクラ。
赤オクラ.jpg

バレリーナの足のようにスッと伸びているのが赤オクラ、トマトシャーベットの上にのっています。

他に出会った食材は「チーズ豆腐」と「素麺カボチャ」。
デザートは岩塩のアイスクリームでした。

料理好きにとって新しい食材や料理は本当に興味が尽きない。
皆が大満足の食事会でした。


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

暑気払いの食事会 [グルメ・クッキング]

暑気払いの食事会。
ここのところ暑さで食傷気味の毎日、料理するのも手抜きになりがち。
それでも皆で手作り料理を持ち寄ると、食欲も湧いて元気も出るというもの。

集まったメンバーは日々の仕事に追われて久しぶりに会う友で、演奏家、通訳者、大学職員、デザイナー、スチュワーデスなど、様々な職業で話題に事欠きません
きょうの皆さんのアイディア料理は、、。
暑気払い.JPG

冷たいごぼうスープ お米を入れるのがミソ
マグロとアボガドのカルパッチョ
カレー風味の野菜 2種
ジャガイモ・アンチョビ和えとポテト卵サラダ
しま瓜の粕漬け
鶏の酒蒸し ザーサイ和え 
鮭ちらし寿司
タコのジェノベーゼ
ホタテ貝柱のソテー
ツルムラサキ菜和え
夏茄子ミョウガ和え

他にもフランスから持ち帰ってきてくれたチーズやパン、ディジョンのカシスリキュールで作ったデザートなど、全部は書き切れません。

あまりの量の多さに、たくさん残った料理は皆が明日仕事に持っていくお弁当箱に詰めることになりました。それぞれ持参した容器に、今度は皆の自慢料理を詰めて帰ります。

毎年恒例になりつつある暑気払いの会、来年も腕をふるって美味しい夏料理をつくりましょう!

 


nice!(1) 
共通テーマ:音楽

梅の季節 [グルメ・クッキング]

梅の収穫の季節、青梅をいただきました。
梅酒を作る人が多いようですが、私は夏にジュース代わりに飲む梅シロップを作ります。

梅を一晩あく抜きしてから砂糖漬けに。
じわっと水分が上がってきてジュースになるのをひたすら待ちます。

ジュース作りを教えてくれた友人いわく、梅はブランデー漬けが極上だとか。
2002年に日本でFIFAサッカーワールドカップが開催されたのを記念して作った祝いブランデー梅酒が素晴らしい味で、8年経って益々美味しい、、、と言うのです。年月が
経つとトロリと琥珀色したブランデー梅酒ができるらしいのです。
今年は梅シロップとブランデー梅酒作り。
いただく数年後を楽しみに想像しながら今はひたすら仕込みの季節。

青梅.JPG


nice!(1) 
共通テーマ:音楽

開港祭 [グルメ・クッキング]

横浜開港祭の日、眺めの良いバルコニーにお招きを受けました。

花火が始まる前に持ち寄ったお料理を並べて、、、
横浜ディナー.JPG

食事が終わると花火大会が始まり、、、
横浜花火.JPG

目の前の花火を満喫しました。


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

スモークハム&チーズ [グルメ・クッキング]

先週作ったスモークハムが1週間経って食べ頃になりました。
きょうはハム解禁日。
ハーブの香りとあま塩がなじんで、今年も大成功の味。

私には手作り派の「愛菜会」というすてきな仲間がいて、きょうは8人でスモークハム、スモークチーズ、味噌の仕込みをしました。
1年の一番寒い季節に、昔はどの農家もお味噌を仕込んで漬物をつけて切干大根をつくってきました。都会では全部を手作りするのは難しくまたそんな時間もないのだけれども、できる限り良い食材を使って体に優しいものを食べたい。そんな思いから手作りをします。

忙しいからと手を抜いてジャンクフードを食べ続けたら、、、
つまらない季節感のない食卓になってしまう。
冬には冬の仕込み作業があって、夏には夏の保存食があって、ああ1年が巡ってきたんだなァと季節を感じられる。食べ物の春夏秋冬を大切にしていきたいのです。

きょうの1品。
スモークハム&スモークチーズにトマト、スナップえんどう、ゆずの皮を添えて。
食卓にはオランダ風にキャンドルをお供に。
ハムとチーズ.JPG


 


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

バリスタの技 [グルメ・クッキング]

懐かしい仲間が集まった同期会。
なんと60人近くも集まり、会場では会話と会話が重なり合い、懐かしさと騒がしさで一杯になりました。
だれだったかしら?と最初は忘れかけていた人とも話しているうちにいろいろなことを思い出して、20代の記憶がよみがえってきます。

皆、元気で明るく仲が良く、、、
本当にステキな仲間たちだったのだと改めて思い返します。
同じ年に社会人になった同期、今は食品、医薬品、学術調査、美術館、コンサートホールなど様々な分野、場所で活躍しています。
私のように演奏の世界に入るのは例外的ですが、あながち全然違う世界であったわけではありません。どこかで文化貢献と言う糸がつながって今に導かれている気がします。

今日の会場はメンテイリーエスプレッサILLY。
うわさに聞くバリスタの技を初めて間近で見ました。
まずコーヒーを25cc注いでカカオパウダーを振ります。
コーヒー.JPG

その上にゆっくりとミルクを注ぎます。
ミルク入り.JPG

カクテル用のピックを使って巧みに絵を描きます。
描く.JPG

おサルの出来上がり。
おサル.JPG

これはネコ?犬?
ネコ.JPG

最後に極めつけはカフェILLYの店員さんから社長へメッセージ。
「給料上げてください!」
給料.JPG

その社長とは我々の同期でした。
給料、上がるかな?


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

ユズジャム [グルメ・クッキング]

ユズのジャム2種類。

一番大きい実の獅子ユズと小ぶりの花ユズの2種類のジャムを作りました。
獅子ユズはアクが無く、作るのも楽にできます。
反対に花ユズは実が小さいので、皮を千切りにするのは大変な作業。
それでも出来上がるジャムの美味しさといったら、、、。
自分好みのジャムを食べたいので頑張って作ります。

ユズの種を別にして一晩、ひたひた水に浸しておきます。
じわっとペクチンが出てきて、これをユズジャムに混ぜるとあのジェリー状のジャムができます。

ユズジャムの砂糖は控えめにしてしまうとユズ茶にした時に美味しくないのでがっかりします。
ショウガとユズジャムにお湯を注いでユズ茶を作る時は、とびきり甘いジャムで。
この方がしょうがの辛さに負けずに美味しくなります。

さて保存はビン又はジップロック袋で冷凍に。
最新の方法はジップロックの真空バキューム機付き袋を使って、空気を抜き取って冷凍にします。
こうすれば真空で長持ち。
この真空ジップロックはまだ日本未輸入品、アメリカのお土産です。
早く日本でも普及すると便利ですね。
ジップロック.JPG

 


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

冬至の柚子 [グルメ・クッキング]

「柚子がたくさん実ったのだけれど、ほしい?」
友人からのメール。
「柚子ジャム作るのに下さーい。」
と返信。

きょうはちょうど冬至。

いただいた実はホンユズではなく、小ぶりのハナユズ。
柚子ジャムとショウガ汁にお湯を注いだ柚子ドリンクをご馳走になりました。
体はポカポカに。

柚子ジャム作りのコツは種のペクチンを使うと良いと教わり、さっそく作ってみようと思います。

今夜は冬至の柚子湯。
寒い日には柚子ドリンクと柚子湯を楽しみに、、、。
ゆず_050.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

明治時代の料理本 [グルメ・クッキング]

今月半ばから母が引っ越してきて、共に生活を始めて少しスローライフになりました。
これもまた楽しです。
毎日片付けを手伝っていると
ダンボールの中から次々と出てくる古い本、、。
その中に祖母が使っていた明治時代の料理の本があり、これがとてもおもしろい。
ビンフォード婦人とエリス嬢が書いた日本婦人のための西洋料理の本 <
The Tokiwa Cook Book>。初版は明治37年。
英語と日本語で書かれたこの料理本、実に詳しく食材や効用、料理方法が記述されているのです。

表紙にはご飯茶碗とお盆の絵、裏にはティーカップと松の枝のロゴマーク。
なんともレトロな藍色の表紙です。

祖母は学生時代にシェークスピア劇を演じて英語が堪能、その後教育者になったのですが、おそらく外国人と交流して西洋料理の本を勧められたのでしょう。

さて、サンドイッチの項。
「サンドウ井ッチ」概則
数時間前よりこしらへ置く必要ある時は熱き湯の内にて堅く絞りたる布巾にて包み冷へたる所に置くべし。
 (ビニール
ラップはなかったのでパンは濡れ布巾で包んで保存したのですね。)

サンドウ井ッチをこしらへたる後其の端を切り屑は平鍋に入れてオブンに入れ狐色になるまで焼き、牛乳又はソースに入れて子供の食料とすべし。
(なるほど、パンの耳は子供のおやつ!)

概則の後には15種類のサンドイッチの作り方が記載されていて、簡単ながらおいしそう。
68番目のレシピ「ジェレーとナット(胡桃)サンドウ井ッチ」はバターをぬったパンの上にジェリーやジャムを塗って刻んだ胡桃を振りかけてはさんで食べるもの。

レシピは285種類でアイディアが豊富。
フィッグやグースベリージャムなどは西洋的なレシピですが、カステラに柿をすったホイップクリームのせは東洋的。
明治時代にこんなお菓子を食べていたなんて、、、。

祖母が使って母に引継ぎ、次は私へ。
ちょっとレトロで貴重な料理本、しばし忙しさも忘れて読み耽ってしまいそう。
これから試してみます。祖母の味。
The Tokiwa Cook Book_025.jpg


 


nice!(0) 
共通テーマ:音楽
前の30件 | - グルメ・クッキング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。