So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

黄色いバラ [雑感]

7月の最後の週、大きな黄色いバラのアレンジメントをいただきました。
凛としたスタンダードバラ、トルコギキョウ、スターチスの組み合わせ。

バラのアレンジメントで多いのはピンクや白、または赤や紫の入っているもの。
黄色のバラはそれだけで個性を主張するので、組み合わせが難しいことがあります。
が、黄色一色だけを使い、際立たせたアレンジメントのなんと美しいこと。
たおやかにしだれるアレンジメントも優しげで良いのですが、このアレンジメントはまっすぐに茎を伸ばした生け方。何か、今の心境に重なって、とても嬉しい思いでした。

10年間続けたセンターでの指導に一区切りをつけて、お別れにいただいたアレンジメント。
これからまた新たな活動を続けていきたいと思います。

このブログ「かぜの便り」は元々、風が吹くように気ままに綴るものとして始めたもの。
少し充電期間を経て、また便りを届けることができればと思います。

皆様、どうぞ良い夏をお過ごし下さい。
黄色バラ.jpg





nice!(0) 
共通テーマ:音楽

原宿ソプラノ&オルガンコンサート [演奏会]

7月3日 原宿教会 ソプラノ&オルガン コンサート

梅雨の晴れ間とは言え、今日のチャペルの湿度は70%。
オルガンのためには除湿した方がよいのですが、空調を切っている間はなかなか良い温度、湿度には保てません。

ソプラノ歌手のカティンカと共演するのは4回目程でしょうか。
今日は今までで一番、高音が良く伸びて、聴かせどころがある歌を選曲したと思います。
中世の音楽からメンデルスゾーン、現代のブリテンまで。

オルガンはとても控えめに弾いて音が少し物足りなかったでしょうか、、。
ドイツ製のシロフォンも演奏に加わって、ミステリアスな雰囲気になりました。

カティンカとポジティフオルガンの前で
3.jpg



nice!(1) 
共通テーマ:音楽

ソプラノ&オルガンコンサート [演奏会]

1ヶ月近くもブログをお休みしてしまいました。
しばらく海外に出かけていた為で、帰国してからも時差が取れずに過ごしていました。
1週間経ってようやく日本時間に回復。

ソプラノ&オルガンのランチタイムコンサートのお知らせです。
ソプラノ歌手のKatinkaとの共演です。

7月3日(水) 12:30〜 原宿教会チャペル

ソプラノ Katika van Biljon
オルガン 佐伯恵美

<曲目>
As I walk'd forth one Summer's day    Robert Johnson

Now that the sun hath veil'd his light    Henry Purcell
 
The last rose of Summer    Arranged by Benjamin Britten

Byrd one Brere    Medieval song

Hear my prayer     Felix Mendelssohn

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

JWLIワークショップ [雑感]

コンサート翌日の5月26日、
青山ウィメンズプラザでJWLIのワークショップに出席。

JWLI(Japan Women's Leadership Initiative)
「非営利団体が社会にもたらす貢献と影響」

5人の知人と共に参加したワークショップ、情熱に溢れた多くの方達と出会いました。
スピーカーはシカゴとボストンから来日した二人で、アメリカでの非営利団体の活動報告を聞きました。
Ms. Johanna Crawfordはシカゴで女性の自立と経済支援のサポートを目的としたNPO Web of Benefit を成功へ導きCNNヒーロー賞を受賞、Mr. Leo Delaneyはボストンの低所得者層の親子を支えるEllis Memorialの代表を務めています。

Your life is your choice.  Dream big, focus small.
You can create any life you want.

クロフォード氏の言われた上記の言葉は印象に残る力強いメッセージでした。

JWLIは毎年、研修生を募集して、社会貢献のリーダーを育成するプログラムをボストンで行っています。
すでに研修を終えて帰国した二人の大先輩に誘われたことが、今回の会に参加したきっかけでした。

きのうはユネスコ支援のチャリティーコンサートを終えたばかりですが、私は音楽の世界で何が出来るかを常に考えていきたいと思います。
women's plaza.jpg





nice!(0) 
共通テーマ:音楽

合唱団コンサート [演奏会]

5月25日(土)大使館合唱団Tokyo Chamber Singers発足記念コンサート

Cantate Domino「イタリアバロックの夕べ」聖アンドレ教会

指揮 スティーブン・モーガン
客演 佐伯恵美&TCS室内アンサンブル

名誉総裁 ブルース・ミラー在日オーストラリア大使

後援 鹿島建設


東京タワー前にある聖アンドレ教会にて、Tokyo Chamber Singers発足記念コンサート。
名誉総裁オーストラリア大使のスピーチと寄付先のユネスコ協会からの挨拶の後、コンサートは始まりました。

プログラムはA. Scarlattiのアカペラ曲から始まり、D. ScarlattiのStabat materに終わるという流れ。
通奏低音のチェンバロの私はアカペラ以外の全曲に出演でしたが、響きの美しさを楽しみながら演奏させていただきました。指揮者スティーブンの情熱の熱さと、団員の歌う喜びが伝わったでしょうか。

満場のお客様の温かい雰囲気の中、第一回目のコンサートはチャリティーの目的も果たして、皆が笑顔。
打ち上げのエスニック料理も大使館合唱団らしく、国際色豊かでした。
いらして下さいました皆様、本当にありがとうございました。

コンサート前の聖アンドレ教会チャペル
聖アンドレ教会.jpg



nice!(0) 
共通テーマ:音楽

5月のコンサート [音楽]

5月25日 大使館合唱団 Tokyo Embassy Choir(TEC) の小編成グループTokyo Chamber Singers発足記念演奏会があります。

私はゲストとしてチェンバロで参加いたします。
イタリアバロック音楽を集めたコンサート、皆様のおいでをお待ち致します。

日時:5月25日 PM6時半〜
場所:港区聖アンドレ教会


また、5月12日に予定されていた「だいすき 詩画集と音楽」は延期になりました。
楽しみにしていた皆様、ごめんなさい。
次回を楽しみにしていらして下さいね。

IMG_2233.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

春のガーデン [花]

花壇の花が賑やかになってきました。
紅白のナデシコは母の日まで咲いていてくれるかしら。
花壇1.jpg


クレマチスの色合いも毎年、変わりますが、今年は薄紫で良い配色。
クレマチス紫.jpg

タイムの花は美味しそう。葉と共に肉料理や魚料理に。
タイム花.jpg


どこに住んでいても、幸せの種を運んでいきたい。
花を植えると幸せが広がっていく、そんなメッセージをガーデンから。
Scatter seed.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

4/21桜庭サロンコンサート [演奏会]

朝からの土砂降りの雨が午後には上がり、桜庭サロンコンサートは午後2時に開演。
入り口のモッコウバラがお客様を出迎えます。
モッコウバラ.jpg

桜庭サロンコンサート
「春を惜しむ」
出演 作家 下重暁子
   演奏 佐伯恵美(クラヴィコード)

出演者.jpg

俳句の流れを江戸時代から現代まで辿るお話をいただきました。
松尾芭蕉から始まり、井原西鶴、与謝蕪村、正岡子規、高浜虚子、種田山頭火、杉田久女、星野立子、渡辺白泉、長谷川櫂、さらに永六輔や岸田今日子、和田誠の句も紹介。

集合1.jpg

ティータイムはお花見に合わせて和風。
練り切り菓子やチョコレート水ようかん、杏仁豆腐の薬膳風、オレンジピール。
庭の花を飾って。

菓子2.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

桜庭サロン「春惜しむ」俳句とお菓子 [グルメ・クッキング]

21日(日)の桜庭サロン「春を惜しむ」の準備に忙しい毎日です。
今回は作家の下重暁子先生が江戸時代の松尾芭蕉から始まる俳句の流れを現代まで楽しいトークで紹介して下さいます。私のクラヴィコードはバッハから始まってロマン派まで演奏しますが、特に曲目のプログラムや紹介をせずに、トークの間の一休みとして聴いて頂こうと思います。

108人の俳人たちの句を集めた本、私は女性の俳人たちに特に興味を持ちました。
女性の句は色艶があって、ドキッとさせられます。
切ない恋心が情感込めて歌われる句が多数。

現代俳人には金子兜太さん、長谷川櫂さんの他に永六輔さん、岸田今日子さん、和田誠さんの句も紹介されて、これがとても楽しい。
この一句.jpg

さて、裏方のお話。
今週は毎日、お菓子作りに精を出しています。
クラヴィコードの練習の合間にクッキングが良い気分転換で、1週間前から作り始めました。
といっても一人ではとても間に合わないので、友人が毎日手伝ってくれてありがたい思い。

当日のティータイムには何種類かのお菓子が揃うと思いますが、今日作ったのは和菓子の練り切り。
1番、時間がかかるお菓子です。
白あんを練って程よい堅さになったら型に入れて抜きます。
白だけの他に、紫芋味、抹茶味、黄身餡味を作って、飾りに黄身しぐれや金箔を乗せてみました。
素人ながら、花型が揃いました。いかがでしょう?
あんこと格闘しながら遅くまで和菓子作りを手伝ってくれた友人に心から感謝。ありがとう。
練り切り菓子.jpg


nice!(1) 
共通テーマ:音楽

桜庭サロンconcert 4/21 [演奏会]

庭の八重桜が早くも満開になりました。
今年は花数がとても多いです。
桜庭サロンコンサートのお知らせです。

桜庭サロンコンサート 4月21日(日)午後2時 開演
「春 惜しむ」

お話: 作家 元NHKアナウンサー 下重暁子
    「この一句 108人の俳人たち」より春の句を中心に

演奏 :クラヴィコード 佐伯恵美
庭桜.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

今年の桜さまざま [花]

今年の桜さまざま。
馬事公苑1.jpg

祖師谷.jpg

新宿御苑.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

川崎民家園のお花見 [花]

外国人の友人夫妻と川崎民家園へお花見。
生田緑地内にあり、多摩丘陵最大の緑地帯となっています。

岡本太郎美術館に加えて、新たにプラネタリウムや自然館もオープンして、見所が増えました。
吹き替えられたばかりの藁葺きの屋根と屋根の間から桜やレンゲツツジの花が見え隠れします。
白川郷から移築された民家で、お昼は3種盛り合わせの特製田舎そばをいただく。
民家1.jpg

枡形山の展望台からは東京タワー、スカイツリー、さらに横浜、川崎の丘陵地帯が360度のパノラマで見渡せて、高台から一味違ったお花見です。
升形山桜.jpg

10度以下の花冷えの一日でしたが、藁葺き屋根の古民家で囲炉裏に火を焼べる人たちとしばし、おしゃべりを楽しみました。火の粉をパチパチと浴びながら、頭から靴の先まですっかり炭の匂いに満たされて。
囲炉裏.jpg



nice!(0) 
共通テーマ:音楽

ルセーヌ館コンサート [演奏会]

3月27日 ルセーヌ館 クラヴィコードコンサート
チャペル.jpg

イギリスから移築された洋館の中にあるチャペルにてコンサート。
この洋館は全てがその当時の調度品に囲まれて、原宿とは思えない静かな一角に建っています。

コンサートを企画されたのはナレッジ・アカデミーの石橋眞知子代表。
毎月、文化的なレクチャーを企画されています。

今回いただいたレクチャーのタイトルは「バッハとモーツアルト」でした。
古楽器クラヴィコードを活かせる曲目で有名曲ということで、バッハは平均律クラヴィーア曲集よりプレリュードとフーガ、また弦楽器奏法を模倣する意味で無伴奏チェロ組曲、そしてJ.S.バッハの息子のW.F.バッハのソナタを挟んでモーツアルトへ。モーツアルトの変奏曲とファンタジーを選びました。

コンサートの後には洋館のダイニングに移動して、バッハの時代とモーツアルトの時代、それぞれの国と料理を再現してディナーが用意されました。

海老と春野菜のサラダ ざくろの実と共に
オマール.jpg

緑豆のクリームスープにサクランボの泡を浮かべトリュフを添えて
グリーンピーススープ.jpg


川魚のムニエル アンチョビーソース
バッハの川魚.jpg

牛肉のリンゴソース添え 桜の季節に合わせて、シェフは野菜を花びら型に切り取って。
牛肉リンゴソース.jpg


デザートに苺のシャーベットとショコラのケーキ。
シャーベット.jpg

バッハやモーツアルトが写真のような美しい盛りつけで食べていたかどうかは疑問ですが、その調理方法に少し驚きがありました。量をいただいても、お腹にもたれません。牛肉は焼くのではなく、茹でる。油を使う量が少ないからでしょうか、とても淡白でヘルシーなディナー。

食文化と音楽との融合した洋館の一夜でした。




nice!(0) 
共通テーマ:音楽

桜日和 [花]

桜日和にお花見へ。
今年は二子玉川のライズ〜砧公園〜世田谷美術館の1日になりました。
砧桜1.jpg

今年初めてのお花見。
砧パークの桜は日本画の屏風絵のようだといつも思います。
折り重なる枝枝が屏風を広げたようにつながりっていきます。
砧桜3.jpg

今年もこの桜に会えて良かった!
砧桜2.jpg




nice!(0) 
共通テーマ:音楽

お彼岸に庭の花を [グルメ 花]

お彼岸の入り。
父と祖母にお供えする花を摘みにガーデンへ。
この季節は水仙とクリスマスローズが多いのですが、よく見るとバイモやユキヤナギ、桜草も咲いていました。
ハーブも次々と顔を出し、ミント、レモンバーム、タイム、ローズマリー、イタンリアンパセリ、チャイブ、イチゴやレモン、ブルーベリーも実りが楽しみ。

オランダ製デルフト焼きの花器に花を入れてお供え。
オランダの友人からのプレゼント、ミニチュア自転車も共に。
そしてぼた餅は桜のお懐紙に乗せて。
岡山出身の父のお墓参りはなかなか毎年行けないのですが、今年は是非。
瀬戸内海から世界の海へと仕事を夢見た父、志半ばで亡くなってしまいましたが、少しは私が受け継いで叶えられたでしょうか、、。これからも父と同様に、海外との交流に目を向けて行きたいと思います。
彼岸牡丹餅と庭花.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

「すみれ」の和菓子 [音楽 グルメ]

桜便りもチラホラと、、、春はすぐそこまで来ている気配です。

ガーデンで春を告げて真っ先に開花するのは水仙、そしてすみれ。
日本すみれも西洋すみれも少しずつ数を増やしてきました。

和菓子屋さんで「すみれ」という名前のお菓子を発見、可愛くて思わず買いました。
日本人は花を愛でて、味わって、形に変えて、、、。
植木鉢に入った3色のすみれを形どった和菓子「すみれ」は和菓子屋「あんや」さんで見つけました。
練り切り菓子の春の一品。
和菓子 すみれ.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

河津の桜 [旅]

今年も河津桜の開花季節。
伊豆高原にお住まいのご夫婦からお誘いを受けて女3人旅へ。
土曜日は心地よいお天気の中、5部咲きの桜の並木を歩きながらお花見。
河津土手桜.jpg

桜の並木道には名産品の露店がずらっと並び、鯛の干物や桜まんじゅうなど試食品を食べ歩いている内に、まさに花より団子になってしまいました!

夜はご夫妻宅で手巻き寿司の夕食。新鮮な海の幸、お刺身を巻いていただく。
お皿は若い有田焼作家さんの作品。爽やかでシンプルな桜の図柄です。
伊豆高原夕食1.jpg

暖炉が燃えるリビングルームにピアノがあり、ずっと誰も弾くこと無く眠っていました。
今宵はピアノが冬眠から目覚めてウォーミングアップなので、私はまずバッハのプレリュードを演奏。
そしてジャズのスタンダードナンバー、更にビートルズやポップス、オペラのアリアなど、懐メロ大会になりました。
私の頭の中には何百曲の音楽が入っているかわからないのですが、iPodのごとく、リクエストをいただくと楽譜が無くても弾けるのです。それは母がクラシックを好み、父がジャズやポップスを好んで子供の私に植え付けてくれたお陰。会食の席では場を和ませる音楽を選びます。今日は御馳走になったお礼に、、、。




nice!(0) 
共通テーマ:音楽

カタネベーカリーのイベント [音楽]

20日、5月に行われる代々木上原「カタネベーカリー・カフェ」のイベント打ち合わせへ。

5月12日(日)はオランダの詩画集「だいすき」のトーク&朗読&音楽のイベント。
カタネベーカリーはヨーロッパ各地を旅行して食材を研究してはカフェのメニューやパンに生かしている、素敵なベーカリー&カフェ。ベーカリーは1階、カフェは地下にあります。ヨーロッパ旅行は写真集の本になって、カフェで手に取って読むことができます。
カタネベーカリー2.jpg

ベーカリーを覗くと、思わず手が伸びる魅力的なパンの数々。
オリジナルの珍しいパンとも出会えますし、全粒粉の素朴なパンやフランスのオシャレなパンもあります。

さて、カフェでは「だいすき」の会の私たち3人組が出演。
翻訳家の野坂悦子さん、詩人の木坂涼さん、そして作曲&演奏の私、佐伯恵美。
カフェの白壁にプロジェクターで絵画を映し出し、詩の朗読と演奏を楽しんでいただきます。
カタネベーカリー3.jpg
「だいすき」会の後にはカタネカフェのオーナーがオシャレなメニューでフード&ドリンクを出して下さって、プチパーティーになりそうです!

打ち合わせの後には、もちろん、ベーカリーでパンやスウィーツを買って、幸せ気分で帰宅しました。


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

原宿のルセーヌ館 [音楽]

3月27日レクチャーコンサートの打ち合わせにナレッジアカデミー会長の石橋眞知子さんと原宿ルセーヌ館へ。
ルセーヌ館1.jpg

原宿駅より5分、ブラームスの小径を入るとイギリスから移築された洋館が2つ建っています。
そのひとつ、ルセーヌ館1号館で行われるディナー&コンサートの打ち合わせ。
お料理はシェフがバッハとモーツアルトが食したお料理を再現することになり、このメニューは春野菜を使った季節のディナーになりそうです。

ルセーヌ館2.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

バレンタインデー、花と音楽会とお菓子と [演奏会]

2月14日 バレンタインデー・チャリティーコンサート 文京シビック小ホール

昼間はフラワーアレンジメントレッスンでハート形のアレンジメントを制作。
この季節に花市場に出るアネモネ「モナリザ」ミックスカラー。ビビッドなカラーをアレンジメントの中心に、チューリップ、マーガレット、グリーンベル、スカビオサ、周囲にスイートピー2色を縁取りに飾ります。
ハート形を2つ作り、一つは我が家に、一つはギフトに。
ハートアレンジメント.jpg

バレンタインデーの夜はフルート奏者プレビエさんのチャリティーコンサート。
ベルギー人のプレビエさんの演奏、ヴィヴァルディ「海の嵐」、ベートヴェンの「春ソナタ』、他サン・サーンス、チャイコフスキー、フンメル。
寄付金は高野孝子さんが代表を務める「エコプラス」に送られ、寒い夜も心温まる一日となって幕を閉じました。

今年の手作りはチョコレートマフィンと和風スパイスチョコレート。
チョコレートマフィンとブルーベリーマフィンは週末のもう一つのコンサート後のパーティーの為に。
これはミニチュアサイズで一度に32個出来上がります!
チョコマフィン.jpg






nice!(0) 
共通テーマ:音楽

芥川賞の黒田夏子さんに憶う [雑感]

今年は75歳の黒田夏子さんが芥川賞を受賞されました。
まだ芥川賞が決定する前の1月に、作家の下重暁子先生が黒田夏子さんの「abさんご」に注目していると仰っていました。早速「早稲田文学」をネットでアクセスして黒田さんの文章を読んで、実験的な文体に驚きました。
75歳のご高齢まで書き続けてきたその文章は、知識の年輪と人生の奥ゆかしさを感じさせます。
そして途中挫折せずに、ライフワークである「書く事」を淡々と続けてこられた人生観にも圧倒されます。

黒田夏子さんの「abさんご」冒頭と、早稲田文学新人賞の折に書かれた蓮實重彦氏の選評、是非合わせて読んで頂きたいと思います。

最近、私は何歳になってもライフワークを続けている素敵な方にお会いする機会があり、とても尊敬の念を持つ体験をしています。たとえ自分の続けている事がすぐに認められなくても、結果が出なくても、諦めずに続けること。前向きであること。その辛い時間がどれだけ長く続くかわからないのですが、人生最後に思うことは「ああ、続けてきてよかったな。」ではないでしょうか?私もそうありたいと思います。
作家の黒田さんが苦労の末につかんだ芥川賞、このような人に勇気を与えたに違いありません。

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

名曲と美食が織りなすromantic evening concert [演奏会]

3月27日はナレッジ&カルチャーアカデミー会長の石橋眞知子さんが企画されたコンサートに出演することになりました。どなたでも参加することができるオープンな演奏会です。以下、広報レターを転載いたします。

名曲と美食が織りなす romantic evening シリーズ 第一回

 ~バッハとモーツアルトのレクチャー・サロンコンサート~

 このシリーズでは、名曲や名画をただ鑑賞するだけでなく、より感覚的にまた立体的に味わっていただくことで、その時代に生きてきたアーティストの心に少しでも触れることを意図としています。

第一回目は、バッハとモーツアルトの名曲に焦点を当てます。中世の洋風邸宅で古楽器クラヴィコードの音色を聴きながら、彼らが食したと思われるお食事をいただく。               

     日時: 2013327日水曜日

     開場630分  開宴700

   場所: ジャルダン・ド・ルセーヌ  一号館

     150-0001
東京都渋谷区神宮前 1-15-14
 TEL:03-3470-3333
http://www.luseine.com/contact.html
JR山手線原宿駅 竹下口より徒歩3分
千代田線明治神宮前駅 徒歩5分
副都心線明治神宮前駅 徒歩5分

ブラームスの小径に面している2号館の前の階段を上って左側です。

     ナビゲーター    レクチャー&演奏 佐伯恵美     

      会費     12000円  (サロンコンサート+ディナーコース) 

     お問い合わせ&お申込 石橋眞知子 machiko@atoznetwork.co.jp


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

3月4月のコンサート [演奏会]

三寒四温の毎日ですね。
3月、4月の演奏会予定です。
3月は今までに無いユニークな企画をいただき、楽しみなコンサートです。

3月27日(水)18:30〜 「ルセーヌ館 音楽と食卓コンサート」(仮題)
コンサート&ディナー  ジャルダン・ド・ルセーヌ館(原宿ブラームスの小径) 

                    主催:A to Z Network http://www.atoznetwork.co.jp 

バッハとモーツアルトの音楽をクラヴィコードで演奏します。
演奏会の後は、ルセーヌ館のシェフが音楽にちなんだディナーメニューを出して下さる予定です。
原宿駅より3分 ブラームスの小径内 


4月21日(日)14:00〜「桜庭八重桜お花見コンサート『春惜しむ』」
        会場:桜庭サロン
        ゲスト:作家 下重暁子   古楽器演奏:佐伯恵美

作家下重暁子氏が3月に上梓予定の著書「この一句・108人の俳人たち」から、時代と共に移り変わった俳句の流れと句を紹介されます。古楽器の演奏、八重桜のお花見と共に。

お問い合わせ:桜庭サロン komaesakuratei@yahoo.co.jp



nice!(0) 
共通テーマ:音楽

学校のコンサートで [演奏会]

今週は24日(木)に千代田区の学校でコンサート。
プログラムのオープニングは甲子園の選抜高校野球の入場行進にも決まった、NHKの震災復興支援の曲「花は咲く」です。
今までNHKで繰り返し流れる曲を聴いていましたが、コンサートで演奏するのは初めて。
今年は毎月、演奏する事になりそうです
子供たちの大好きな曲も交えて、飽きずに聞いてくれるかな?

「花は咲く」動画

中国の笛やスリットドラム、ザイラドラムも入った演奏です。

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

マーティン・リーガンCD記念コンサート [演奏会]

1月10日(木) マーティン・リーガンCD発売の記念コンサート カスケードホール
Marty CD concert.jpg

テキサス大学で教鞭をとるマーティン・リーガンが来日、尺八作品集CD発売を記念しての演奏会。
マーティンの曲は以前、「かいえん」の初演にチェンバロで参加させていただきました。

今回は尺八の作品ばかりを集めてのコンサートでしたが、アメリカ人らしく弦楽器とのアンサンブルからは西洋的な響きが、またコントラバスとのデュエットからはジャズベースのリズムを感じました。
尺八は田辺しょう山氏。
当日のアクシデントにもかかわらず、最後まで熱が入った演奏。

邦楽器を海外で紹介し、作曲を続ける作曲家マーティンにエールを送りたいと思います。
マーティン・リーガンのウェブサイト: http://www.martyregan.com



nice!(0) 
共通テーマ:音楽

七草とイデアのエコファイル [グルメ・クッキング]

今年は日本の四季や伝統を大切に、新しい生活をしたいと考えています。
昨年までの自分を一度リセットして、新たな年にするためにも、、。

元旦にお雑煮とおせち料理をいただき、2日に書き初めをし、駿河の殿様にあやかって初夢を見て、そして今日7日は七草がゆをいただく日。
七草のおかゆを食べると1年病気から守られると言われますが、青菜と根菜をいただき胃腸を休める効果があります。

七草とエコファイル.jpg
香川県小豆島から運ばれてきた七草。
塗盆の上にエコファイルを敷いて7種の若菜を並べてみました。
ハコベラは庭に1年中出てくるので、良くおかゆに入れていただきますが、ゴギョウやホトケノザは珍しい。
茹でるとあっという間にシナっとして小さくなってしまうので、瑞々しいうちに飾ります。

お盆の上に敷いた「エコファイル」というのは、紙で出来ているエコロジーなファイル。
高度な印刷技術でプリントされた紙製のファイルでもちろん中に紙やメモを入れる事ができますが、私は美しさに注目して使っています。
自分の好みの柄をプリント注文する事も出来、女性にも人気が出そうです。

イデア

http://ameblo.jp/tokyo-y/entry-11176978553.html

 

今年は七草とエコファイルをコラボレーションしてみました。






nice!(0) 
共通テーマ:音楽

2013年 年頭のご挨拶 [雑感]

明けましておめでとうございます。
ブログをいつも読んで下さいます皆様、本年もよろしくお願いいたします。
音楽活動と共に、興味のアンテナにかかった様々な事を、今年も綴っていきたいと思います。

東京は快晴。
2年連続して日の出を拝んでいましたが、今年はクリスマス料理に続いておせち料理に精を出し、朝はゆっくりと起きてお正月を迎えました。

朝はニュージーランドから年末に帰国したお隣さんを招いて新年のお祝い。
お屠蘇が珍しいらしく、おせち料理の写真と共に沢山のショットをニュージーランドにメール送信。
今年のおせちはお肉抜き、お魚抜きで、まるで精進料理のようなヘルシーおせち料理。
2013おせち料理.jpg

午後は横浜の妹たちと共にみなとみらい〜中華街へ。
年々、観光客が増えて、横浜の新年はとてもにぎやか。
正月 中華街.jpg

「福」の文字を逆さまにしてお祝いする風習の中華街。
街の至る所に、逆さま「福」が見られます。

巳年の今年、蛇ならぬ龍の間から、妹と共に仲良く写真に収まって。
皆様にとって幸多き一年となりますように。
中華街 妹と.jpg



nice!(0) 
共通テーマ:音楽

クリスマスの夕食会 [グルメ・クッキング]

毎年恒例のファミリークリスマスの夕食会。
家族でキッチンに立っておしゃべりしながらクッキングする楽しいひと時です。
大きなチキンは数時間オーブンの中で焼き続け、家中がチキンの香ばしいにおいに、、。

今年はクランベリーを使ったレシピが増えたので、アペリティフからクリスマスクランベリーのヴィネガードリンクでスタート。
オードブルは三田屋のハムやブルーチーズ掛け芽キャベツなど、3種類のソースを添えて。
オードブル.jpg

スープはブロッコリーをコトコト煮て、下味に玉ネギ、セロリ、ガーリックを加えたクリームスープ。
メインはジャスミンライスをスタッフィングしたインディアンチキン丸焼きと付け合わせ野菜数種。

デザートはラ・フランスのワイン煮とクランベリー&アップルケーキ。
アップルケーキ1.jpg

クランベリーケーキは料理好きの友人へプレゼント用にいくつか焼きました。
クグロフ小型を6個一度にオーブンで焼きます。
クグロフXmasケーキ.jpg

小型に焼いた方がしっとりとして味は上等。

全てのお料理に今年はナツメグをすり下ろして入れてみました。
クリスマスプレゼントにいただいた小さなすり下ろし金とナツメグの実が大活躍です。
ナツメグ.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

国際文化会館にて [雑感]

六本木の国際文化会館にてクリスマスミーティング。
文化会館モミ.jpg

国際文化会館カフェ.jpg
大学講師の甲賀さんが主催される会で、いつもお誘いを受けながらなかなか出席出来ないのですが、きょうは意義深いテーマだったので久しぶりに演奏家の友人と参加させていただきました。

ここに集う人は自分の能力を生かして、人に役立つ事をしたいと志す人。
きょうは「TOKA」という考え方を提唱されている深川恵里子さんがファシリテーターになり、自分ができるサービスと相手ができるサービスを等価交換する方法について話しました。

理屈では理想的なモデルだと分かっていても、マッチングは難しいかもしれません。
が、相手と自分のニーズがピッタリ合った時にTOKAサービスが生きてきます。

参加者の中で圧倒的なパワーを持って話されたのはカール・サンドバーグさん。
震災のあった福島県に住み、情報が途絶えた市民にネット回線を引いてテクノロジーパートナーになる構想をもっていらっしゃいます。仕事の無い市民に就職の機会を生み出すべく尽力されているようです。

様々な分野の方に刺激を受けたクリスマス前のひととき、大降りの雨が上がった後には日本庭園がいっそう美しく見えました。
国際文化会館1.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

冬のガーデニング [花]

クリスマス前に久しぶりの庭仕事。
11月中旬から12月にかけて、植物に触れる時間が取れないままでしたが、やっとガーデン作業へ。
スノーマン.jpg

今年はクリスマス前まで様々な花が咲き続けています。

ハニーサックルは紅葉しながら同時に花をつけ、
ハニーサックル.jpg

クレマチスまでキレイな大輪を開き、
クレマチス.jpg

チャイニーズひいらぎの赤い実はガーデンを彩ります。
柊の実.jpg

暴れるモッコウバラとミニチュアひいらぎの剪定、球根の植え込み、西洋朝顔のカット。
桜の落ち葉は大袋3袋にもなり、久しぶりに冬の日差しの中で気持ちよい作業をしました。

nice!(0) 
共通テーマ:音楽
前の30件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。